シルクの幸せチャイナドレス

月曜日, 11月 13, 2017



●以下の記事は、2010年の弊社社長・北川のブログの再録です。
着物の白生地1反分をお買い上げ頂いたお客様が、ご自分でチャイナドレス1着としてお誂えされましたご報告を頂きました。●


今から2年程前、神奈川県在住の男性、D.N様より、メールを頂きました。

 「白の絹のチャイナドレスを作ろうと考えています・・・結婚式のウェディングドレスとして・・・」

 心躍る嬉しいメールでした。もちろん、喜んでお手伝いさせて頂きましたこと、今も鮮明に覚えています。



日本の和装用の最高級の白生地 一尺幅(38センチ)の三丈物(13メートル)で、チャイナドレス1着
が生まれるなんて・・・♪

この程、当時お召しになった、HAPPY ウェディング チャイナを拝見しました。

シルクの光沢、滑らかさと、見事な立体裁断のチャイナドレスが、こんなにも
 マッチングしているなんて、あまりに綺麗で、息をのむほど美しすぎます。
 感動しました。



以下は、D.N様の奥様からのメッセージの日本語訳です。(全文掲載、改行適宜)

 「私は、台湾人で日本人の方と結婚するにあたり、神社で結婚式を挙げることしました。

 始めは、日本の伝統的な着物「白無垢」を着る予定でしたが、専門の方に頼まないと着ることができず、
 時間と費用が掛かることがわかりました。

 台湾から結婚式に参加する親族の世話をする必要もあり、特に時間の調節が困難でした。
そこで考えついたのが、日本式と台湾式のミックスです。
 日本の高品質な白無垢の生地を使って、台湾のチャイナドレス専門店でドレスをオーダーすることに
 しました。

 当初白無垢について知識がなく、インターネットで情報を集めていました。
そのとき見つけたのが「株式会社伊と幸」でした。店長の北川さんは、親切で、適切なアドバイスを
 くれました。

 実際生地を選択する際は、生地のサンプルを数種類を送ってくれ、手触りや細かい柄を確認でき、納得
して購入することができました。

とても着やすい世界に一つしか無い、白無垢生地のチャイナドレスができ満足です。
また、違う生地を買ってパーティ用のドレスを作りたいと思っています。」




We could not respond to you in Chinese, but if in English,we really wish to contact with you.
 Please give us E-mail to
 support@kimono-itoko.co.jp

 SACHI KITAGAWA is a person in charge E-mail,so anytime waiting for you.
 Thank you.

You Might Also Like

0 コメント

Powered by Blogger.

注目の投稿

祇園祭ワークショップ予約受付中!

きもの

instagram

絹ガラス