お助け!作り帯

木曜日, 2月 01, 2018



弊社では、お手持ちの袋帯や名古屋帯を作り帯にする加工を承っています。
お手持ちの帯を、切らずに糸で縫いとめるだけですので、安心です。
また、着付けのお時間も、かなりの短縮ができると、お客様から大好評です。




小柄なお客様には、お太鼓も小さく作る事が可能です。
お太鼓は小さ目希望とか、垂は長めにとか、ご希望があればお知らせ下さい。
お仕立ての先生にお伝えし、出来る限り善処させて頂きます。
何もご指定の無い場合は、体格に合わせた先生の普通寸法仕立てをさせて頂きます。
こちらも、お陰様で多くのお客様より大好評を得ております。

御身長、体重、年齢、補正したウエストサイズ(タオルなど入れられますよね?)、
以上の4点は必須です。

先生がお会いしたことのないお客様をしっかりイメージして、より良い作り帯に加工されるためですので、
どうぞご協力下さい。

大切な帯をお送り頂く前に、是非、帯の現在の状態をチェックしてみて下さい。
より良い作り帯にするために、弊社でも、帯が到着後、検品させて頂いております。
もしも、キズができている。刺繍糸が傷んでいる。全体的に汚れている。帯がよれよれしている。シミがある。
などのいろいろな不具合がございましたら、
作り帯にする前に、オプションにて出来る限りお直しさせて頂いております。
総ての不具合が直るわけではございませんが、是非ご相談下さい。
お見積りさせて頂き、ご了承を得た後、お直し。その後、作り帯に加工させて頂きます。

不具合のない美品の帯の場合は、作り帯にするのに2~3週間程の加工日数を頂きます。
不具合がある帯の場合は、お直しの日数分追加のお時間がかかりますので、予めご了承下さい。

実は、昨年、「何度帯を締めても、お太鼓の柄の位置がずれてピタリと決まらない。」

といったお悩みのご相談を受けました。
ご寸法などをお伺いし、先生にご相談致しました所、大丈夫ですとのお返事。
見事、上手く柄が決まるようにお太鼓を作った、作り帯が出来上がって参りました。
お客様にもとても喜んで頂いて、私共も、とても嬉しかったです。

このように、「太鼓の柄がぴったり決まらない」といったお悩みも、作り帯に致しますと解決できます。
貴方も、お手持ちの帯を、作り帯に加工してみませんか?
保管に便利な紙箱に入れてお届け致します。





ご興味がある方は、こちらまで!

You Might Also Like

0 コメント

Powered by Blogger.

注目の投稿

七五三詣りのお誂え着物

昨年の夏、嬉しいご注文がありました。 弊社で産着一式をお誂え頂いたお客様が、5歳のお祝いをを迎えられるという事で、七五三詣りのお着物へのお染め替え一式を承ったのです。

きもの

instagram

絹ガラス